スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の勉強内容

最近寒いっていうことで、お風呂タイムが1日の中で一番良い時間だったり。
で、「このあったかさを活かさない手はない!」って思って

「暗記カード20枚解き終わるまでは湯船から出るの禁止」

を実行してます。
これが意外に集中できてしまって、20枚を超えて説き続けてじんわり汗ばむこともしばしば。
湯上り後、体を冷やさないように気をつけながら勉強する気のない日などは最低でもこれをやるようにしています。

今日はこのあと

【健康保険法】と【国民年金法】

の復習してから寝ます。

ではではー。
スポンサーサイト

突然ですが

今年

社会保険労務士試験


を目指してみることにしました。
というよりは、3年前から気にはかけていて、去年の震災でいろいろ価値観が変わりチャレンジしてみようと思いました。

学習自体は9月からはじめてます。
残り6カ月。がんばってみます。

受験勉強日記をつけてみることにします。
あと、今まで知らなかった法律とかを文書化することで自分の記憶を記しておこうと思います。
毎日つけられるかな・・・。適度に頑張ります。




こんなものも作ってみた。

串ざしの番号を作るためのワークシートを作ってみた。
VBEditorで起動して、必要事項を入力すると番号が作成されます。
今まで担当した案件の経験からして、このフォームで作れる番号で仕事的には事足りるのです。
デザインはふざけてますが、きちんと動きます(笑)
あとは必要に応じてカスタマイズ予定。

で、これフォームのボタンにマクロ書き込むタイプなので配布はしません。
ただただ自己満足のためにつくったものの最たるものです。

串刺し

Excel上で全角英数字は半角、半角カタカナは全角にするVBA

印刷業界にいると、それはもう素敵なデータ(笑)を貰う機会が多いわけです。
で、それをこつこつと印刷用ソフトに使える形のデータにするのもDTPの仕事だったりするわけです。
たいがいさくらエディタなどで置換してしまうんですが、そのためだけにテキスト形式に書き出すのめんどいし、
かといってテキストエディタ立ち上げてコピペしたことによって人的なミスが起こるかもしれないし。。
というわけで、Excel上でそのたぐいのことはやってしまいましょう。

コードをざっと紹介すると、VBScriptを参照・正規表現を利用してまず全角文字すべてを半角にします。
そうすると、全角カタカナも半角にしてしまうので、処理後に半角カタカナになったものを全角に再変換します。
ワークシートそのものでなく、列単位で変換したい場合はActiveSheet.UsedRangeをselectionに変更すればOK。
その場合は、変換したい範囲を選択してから実行してください。


テスト環境はWindowsXP,バージョンは2007です。
このブログのタイトルは「Win for DTP」ですからMacでの動作は当然保証しません。
あしからず。

Sub 全角英数字半角化_半角カタカナ全角化()


Dim i As Long
Dim strPattern As String, str As String
Dim Re As Variant, rematch As Variant, match As Variant
Dim r As Range

Application.ScreenUpdating = False

i = MsgBox("シート全体の英数字を半角に、半角カタカナは全角にしますか?", vbYesNo + vbQuestion)
If i = vbYes Then

Set Re = CreateObject("VBScript.regExp")
'先にアルファベット・カタカナを全て全角から半角へ
strPattern = "[A-Za-z0-9]"
With Re
.Pattern = strPattern
.Ignorecase = True
.Global = True
For Each r In ActiveSheet.UsedRange '選択範囲のみに実行したい場合はこの行のActiveSheet.UsedRangeをselectionに変更
If .test(r.Formula) Then
r = StrConv(r, vbNarrow)
End If
Next r
End With
'ここから半角カタカナを全角処理

strPattern = "([" & Chr(166) & "-" & Chr(223) & "]+)"
With Re
.Pattern = strPattern
.Global = True
For Each r In ActiveSheet.UsedRange '選択範囲のみに実行したい場合はこの行のActiveSheet.UsedRangeをselectionに変更
Set rematch = .Execute(r)
For Each match In rematch
str = StrConv(.Replace(match, "$1"), vbWide)
r.Value = Replace(r.Value, match, str)
Next
Next

Set Re = Nothing

End With

Else: MsgBox "処理を中止します", vbInformation

End If

End Sub


xmlでごにょごにょしてみた

今回はExcelからxmlを書き出して、Indesignに流し込むというのをやってみました。

これは入社して、xmlなどというものがあるってことを知って「でも今の自分には無理だよなー」って思って「いつかやってみたいなー」とおもってたことなのです。

作業の流れとしては

1.Excelからxmlへ書き出すための下準備(xmlスキーマの記述)

2.Excel上でxmlスキーマを読み取り、ワークシートに関連づける

3.xmlを書き出す

4.IndesignCS5を起動する

5.あらかじめテンプレートらしきものを作っておく

6.Indesignで先ほど書き出したxmlを読み取る

7.Indesignのテンプレート上にマッピング。

順を追って簡単に説明していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。