FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうちょっとわかりやすい例。

ためしに就職活動(新卒)をPAD化してみる。


就職活動のPDA


水色は具体的な行動(プログラムでいう「処理」)を表してます。

まず「自分そろそろ就職活動するかな」みたいに思い立ちます(最初の水色)。

でも、就職活動はいろいろめんどくさい。
履歴書書いてみたい、自己分析したり。お金もそれなりにかかっちゃう。

そこでふと思うわけです

「自分は本当に働きたいか?」(黄緑色の枠参照)

「働きたくない」、「企業に就職したくない」、「もう内定したよ」っていう人は就職活動しなくていいので、
「終わり」に進みます。

「まぁ受けてみるか」という人はYesのほうへ進む。

(このように、条件に沿ってその後の行動(処理)を変化させることを「条件分岐」といいます。)

さて、受ける以上は「内定するまで」活動を続けなくてはいけない。
ある条件を満たすまで動作を続けることを「繰り返し処理」といいます。PDAでは紫色になっている部分が終了条件です。で、この次に来る処理は条件を満たすまで続ける羽目になるわけです。

初歩的なプログラムというのは、これら「処理」、「条件分岐」、「繰り返し処理」でなりたっている場合が多いです。というか基本的にはこれをいくつもつなげて処理させるパターンが多い。

このように発想するのに慣れてしまえばスクリプトを作ることがかなり楽になります。

というわけで、いくつか例題を後日出題します。

答えは載せない(爆)ので頑張ってといてみてください。

必ず力になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。